キャラクター紹介。


鳳 遊希(おおとり ゆうき)
剣風帖の私的主人公(♀)。

出身地遊希のラフスケッチ。
 北海道・札幌某所。
誕生日
 1981日2月26日。
あだ名
 ユッチ。
容姿の詳細
 身長169cm体重55kg。B86W63H86。血液型はA型。わりと筋肉質。北国育ち特有の白い肌。髪はセミロングで洗いざらし。涼しげで澄んだ瞳を持つ。激怒すると、眼が金色に光る。
性格
 クールな外見とは裏腹に温厚で、人懐っこく、一度信じたものは疑わない底抜けのお人よし。世話好きで年下の子と女の子には甘い。おっちょこちょいだが、割合生真面目で、公私のけじめはきっちりつける主義。気持ちの切り替えが早い。
趣味
 不特定。好奇心が強く、「何かの役に立つだろう」と思った事には何でも首を突っ込む。
座右の銘
 「天は自ら助くる者を助く」
交友関係
 恋愛──明日香学園の事件を通して知り合った、鳴瀧の部下の壬生に一目惚れ。しかし《力》に目覚めて普通の女の子としての自分に決別すると共に、自分の気持ちも封印していた時期があった。今は、彼を初恋にして最後の男と決めている。
 友人──芯のしっかりした女の子(アン子、小蒔、亜里沙)と武道家仲間(雪乃、醍醐、紫暮)とは、気が合う。京一とは席が隣同士の悪友。「人ならざるものと闘う者」の先輩として、如月には一目置いている。葵にも一目置いて…と言うより頭が上がらず。
 ちょっと苦手──紗夜には品川の事件のトラウマと、か弱い女の子に対するコンプレックスがある。結局ほっとけないのだが。

氷狐(ヒコ)
遊希の使い魔兼ペット。

 旧校舎で遊希が拾った管狐。遊希を「姐さん」と呼び慕い、「押し掛け使い魔」としてついて来た。ペットも同然に可愛がられている。主人に突っ込みを入れることができるあたり、使い魔としての自覚無し。管狐のヒコちゃん。
出演作
「臥龍相聞歌」「はぐれ狐純情派」「茸取物語」「月並み円舞曲」他  
出身地
 真神学園旧校舎洞窟。
誕生日
 不詳。
容姿の詳細
 霊体なので身長・体重共に不定。白銀の毛並みと二又尻尾、アイスブルーの眼がチャームポイント。
性格
 至って臆病、小心者。

宇田川克己(うだがわ かつみ)
拳武館OBの私立探偵。

 壬生の一コ上の先輩で、「明日香学園事件」以来の遊希の兄弟子でもある。高校卒業後は、新宿にある拳武館傘下の探偵事務所に就職し、情報操作を請け負っている。拳武館の者とは思えないほど、人当たりのいいお兄さん。甘党。
宇田川さんのラフスケッチ。
出演作
「ドラゴンパピーと鷹の爪」「臥龍相聞歌」「享楽奇譚」「お兄ちゃんの御守り」[ジンギ無き迷走」
出身地
 不明。
誕生日
 1979年11月10日。
血液型
 O型。
容姿の詳細
 身長178cm体重68kg。長めの硬い髪を後ろで縛っている。眼鏡着用。

旧校舎のマツタケ(マガミツチグモタケ)
「茸取物語」の影の主役。

 「いやぁぁぁ!いつの間にかオリキャラから主役になってるぅぅぅっ!」(←遊希の魂の叫び)
 …《秘拳・黄龍》を食らう前に手短に紹介しよう(^_^;)
 旧校舎洞窟に生息する妖怪・土蜘蛛に寄生する冬虫夏草の一種。学名・Cordyceps magamiensis。オカルト研と一部マニアの間で重宝されている…らしい。
 「…一部マニアとは、僕の事かい?」(←壬生の呟き)

鳳 龍哉(おおとり たつや)
「外法帖」の私的主人公(♂)、遊希のご先祖様。

ご先祖様。蝦夷育ち…だけど背景の写真は青森・奥入瀬渓流。

出演作
「猫又義」  
出身地
 蝦夷。知床の山奥に捨てられ、動物に護られるように育った野生児。人買いに捕まり旅芸人に売られ、本土に上陸、その2年後、武術の素質と秘められた《力》を見抜かれ、陽の武道を継承する鳳家の養子になる。
誕生日
 生年月日不詳。推定・1847年頃。
あだ名
 トリさん。
容姿の詳細
 身長170cm体重65kg。血液型はA型。激怒すると、眼が金色に光る…が、滅多に怒った事無し。胸に大きな痕がある事から、訳ありの過去を伺う人は多いが、単に、幼少の頃に、蝦夷の山奥でヒグマと戯れて付けただけ。
性格
 アバウトで人懐っこく、一度信じたものは疑わない底抜けのお人よし。世話好きで子供と動物(特に猫)をこよなく愛する保父さん体質。
趣味
 猫と澳継じゃらし。酒。(酔う事より、人と飲むのが好き。黄龍の《力》のせいか、酔いの回らない体質…故に底なし)
座右の銘
 「日々是平安」
四大
天。
交友関係
 恋愛──桔梗に淡い恋心。素性の似ている比良坂を、妹のように思っている。
 友人──子供と動物好きという事で風祭、真那、泰山と仲が良い。
 ちょっと苦手──大雑把な性格の為、几帳面な壬生霜葉とは、たびたび喧嘩になる。喧嘩するほど仲が良いとも言うが。

騰蛇 檀(とうだ まゆみ)
安倍晴明を主とする十二神将の一人で、武神・騰蛇の仮の姿。
いつもSPのシンボル・黒尽くめのスーツにサングラスで身を包んでいる。

出演作
「伝奇執事はアンドロイドの夢を見るか?」
容姿の詳細
 身長210cm体重105kg。見た目は30代のマッチョマン。
 芙容を一言で言うなら「大和撫子」だが、彼は「I'll be back.」がよく似合う。(実はA.シュワルツェネッガーがモデルだったりする。)
 ド近眼で、度付きサングラスは欠かせない。
性格
 無口で謹厳実直。だって式神なんだもの。
座右の銘
「不言実行」。だって上に同じなんだもの。
プロフィール
 まだ幼く未熟だった頃の御門晴明が、当時健在だった秋月柾希のリクエストで召喚したため、不完全な状態(ド近眼)のまま。
 直そうと思えば直せるのだが、御門は、「柾希がいつか目覚めたら…」とひそかに願をかけているらしい。

戻る